ちょっと待って!【生命保険】を見直し前に確認してほしい5つのこと

あなたの生命保険、今のままでいいの?

私は元:生命保険会社の社員です。
生命保険って安くはありませんよね。数十年もの間、毎月数万円を払い続けるとしたら、住宅に次いで「人生で2番目の大きな買い物」ですからね。だから多くの人が
 

・毎月の掛け金を減らせないかなぁ

・生命保険を見直そうかなぁ



と考えるのは当たり前です。あなたも同じでは?

 

でも生命保険って、よくわからない。他のプランとどちらがいいのか、どう比較していいのかわからない。そんなあなたのために、元:社員の私が生命保険業界のウラ事情も踏まえて、「生命保険を見直しするときのポイント」を伝授しちゃいます。専門用語をできるだけ使わずに、わかりやすく説明しますね。

 

掛け金(保険料)は安くできます!


 

生命保険を見直しするキッカケ。一番は「家計のやりくりが苦しいから」でしょう。安心してください。掛け金を安く済ませる方法はいくつもありますから。

これから順を追って説明しますね。

 

「生命保険は種類が多くて、どれがいいのかわからない。」
そんな声をよく聞きますが、ココに大~きな『勘違い』があります。

 
ポイントその1:比べることに意味はありません!!

 

今はD生命の「堂☆人生」に加入しているけど、CMを見るとN生命の「みらいのカ☆チ」も良さそうな気がするなぁ~

こういう比較の仕方がそもそも間違いだ、と気がついていない人が沢山いらっしゃいます。

テレビCMを流しているような商品は『鍋物セット』だと考えてください。

 

スーパーでも、コンビニでも『鍋物セット』を売っていますよね。

・Aセットは(鶏肉+ホタテ+白菜+シイタケ)

・Bセットは(豚肉+白身魚+白菜+エノキダケ)

みたいなパック商品。あれと生命保険はよく似ています。

 

ほとんどの生命保険商品って、実は『材料』を組み合わせて出来ています。

【積み立て部分】=肉類

【掛け捨て部分】=魚介類

【医療、がん、女性疾病など】=野菜類

 

「医療保険」=シイタケ、「がん保険」=白菜、「女性疾病保障」=エノキと例えてみます。

Aセットは、メインが魚類で、肉が少々、そこに白菜とエノキがついています。

Bセットは、メインが肉類で、魚が少々、そこに白菜とシイタケがついています。

 

見直しの柱とすべき考え方は


 

ここであなたにお尋ねします。

もしあなたが自由に鍋物の組み合わせを決められるなら、どの食材を選びますか?

 

・肉はたくさん食べたいけど、シイタケは苦手だからな

・ホタテの代わりにトウフがたくさん欲しいな

・安いほうがいいから、肉魚は少しで野菜を多くしたいな



人それぞれ、価値観が違いますよね。フトコロ事情も違いますよね。お店側が決めたセットよりも「自分好みのセット」「予算にあわせたセット」にしたくありませんか?

 

生命保険の見直しで最初にすべきなのは、市販のAセットとBセットを比べるのではなく、

『あなたがほしいもの』 を

『あなたの予算』 にあわせて

『あなたが納得できる生命保険』 を考えてみること、ではないでしょうか。